軌跡シリーズ:どれから始めるのがオススメ?プレイ順のパターンも含めて解説

軌跡シリーズ:始めるのにオススメのタイトル・プレイ順
[PR] 噂のRPG『エバーテイル』

 どうも、ラングです。
 すでに10タイトル以上がリリースされている大作RPG『軌跡シリーズ』。2022.9には最新作『黎の軌跡Ⅱ』も発売されましたね。

 JRPGの中でも他の大作に負けないくらい魅力的なシリーズなんだけど、通しでのナンバリングになっていないのもあって、興味を持っても「どれから始めればいいのかわからない…」って悩みもあると思います。

 そんな方に向けて、今回は『軌跡シリーズ』の作品概要を簡単にまとめつつ、作品内時系列も含めて”どれから始めるのがオススメ”かを紹介していきましょう。

目次

軌跡シリーズの共通概念

 軌跡シリーズは日本ファルコムが制作するRPG『英雄伝説』の6作目「空の軌跡」から始まり、そこから「○の軌跡」というタイトルで連綿と継続されてきたゲームです。

 全タイトル共有事項として、1つの巨大大陸を舞台とし、数年程度の差異はあれど同じ時間軸の世界で物語が進行しています。

舞台は広大なゼムリア大陸

軌跡シリーズ:西ゼムリア大陸_帝国中心マップ
「西ゼムリア大陸」エレボニア帝国中心マップ

 軌跡シリーズの舞台となるのは「ゼムリア大陸」、広大な土地と複数の国から成る超大陸です。あまりに広大すぎて、これまでの全作合わせても半分弱程度しか詳細がわかっていません。

 軌跡シリーズは大陸を旅する全世界冒険型ではなく、それぞれのタイトル毎に物語の舞台となる国があります。その国内を巡り発生する問題・事件を解決していく中で、次第に軍や敵国との戦火・黒幕の陰謀などに巻き込まれていきます。

同じ時間軸で展開される物語

軌跡シリーズ:空_黎Ⅱまでの時系列表
『空』~『黎Ⅱ』までのゲーム内時系列表

 タイトルのほとんどが”同じ時代の数年内”でシナリオ展開されているのも軌跡シリーズの特徴の一つ。過去作で起こった出来事や地名・人名・組織などがシナリオでよく触れられます。この辺、過去作を遊んでいればニヤニヤや感動が増幅されるでしょう。

 また、前作までのキャラが関わってきたり、場合によっては仲間になったりなど、他のRPGよりも断然シリーズ間の繋がりが強い作品ですね。

軌跡シリーズ各タイトルの時系列

タイトル七耀歴初版リリース日
空の軌跡FC1202年2004.6.24
空の軌跡SC1202~3年2006.3.9
空の軌跡the3rd1203年2007.6.28
零の軌跡1204年2010.9.30
碧の軌跡1204年2011.9.29
閃の軌跡1204年2013.9.26
閃の軌跡Ⅱ1204~5年2014.9.25
暁の軌跡1204年2016.8.31
閃の軌跡Ⅲ1206年2017.9.28
閃の軌跡Ⅳ1206年2018.9.27
創の軌跡1207年2020.8.27
黎の軌跡1208年2021.9.30
黎の軌跡Ⅱ1209年2022.9.29

軌跡シリーズの区分け・始めるのにオススメのタイトル

 軌跡シリーズは全10タイトル以上で構成される超大作シナリオだけど、物語の区切りが数作品ごとに存在しています。ここではシリーズ別の区分けして、これから軌跡を始める方が遊ぶのにオススメのタイトルを紹介していきます。

「空の軌跡」シリーズ(リベール王国編)

空の軌跡改_イメージ
『空の軌跡-ソラノキセキ-FC:改』
  • 軌跡の全てを楽しむなら『空の軌跡FC』から始めるのがオススメ
    (ソフトはPS3/PSVita版のみ。PS4/PS5の場合はPSPlusのプレミアム加入で遊べる)

 軌跡シリーズ1弾『空の軌跡』、すなわちシリーズ初代の作品です。

 大陸南西部に位置する小国「リベール王国」が舞台。遊撃士見習いの少女エステル・少年ヨシュアの2人は、正式な遊撃士を目指しつつ依頼を受けたり事件を解決していく過程で、王国や謎の結社など大きな存在が起こす出来事に巻き込まれていく。

 『空の軌跡』は全3部作となっており、FC→SC→The 3rdの順番で時系列が進みます。小国リベールに関する出来事・エステルやヨシュアを始めとした遊撃士・結社”ウロボロス”・聖杯騎士など、後のタイトルに頻出する物事について体験できるシリーズですね。

日本ファルコム
¥2,180 (2022/11/25 23:56時点 | Amazon調べ)

「零・碧の軌跡」シリーズ(クロスベル自治州編)

零の軌跡_イメージ
『零の軌跡-ゼロノキセキ-:改』
  • 現行ゲーム機で遊ぶなら『零の軌跡』からがオススメ
    (PS4版の「改」が各最新バージョン。Steamでは『零』のみ日本語版を遊べる。)

 軌跡シリーズ2弾『零の軌跡』『碧の軌跡』、後の作品にも大きな影響がある重要なシリーズです。

 大陸西部における二大国に挟まれた「クロスベル自治州」が舞台。中心のクロスベル市は特に目覚ましい発展を遂げているが、同時に両大国から狙われる地域でもある。市の警察に配属された捜査官の青年ロイドと3人のチームメンバーを軸に、魔都と呼ばれるクロスベルで巻きおこる様々な事件に触れるうち、暗躍する存在たちが起こす大事件に関わることとなる。

 『零/碧の軌跡』は全2部作となっており、零→碧の順番で時系列が進みます。都市クロスベルをはじめ、警察の”特務支援課”、D∴G教団、マフィアや黒月など「閃」「黎」にも関わる存在たちが登場する作品群です。

「閃の軌跡」シリーズ(エレボニア帝国編)

閃の軌跡1改_イメージ
『閃の軌跡-センノキセキ-Ⅰ:改』
  • 『閃の軌跡』から始めるのはちょっと微妙
    (PS4/Switch/Steam版がある。Switchしか持ってないなら選択肢としてあり)

 軌跡シリーズ3弾『閃の軌跡』、軌跡の中でも現状で最長編のシリーズです。

 大陸西部の西側に位置し、広大な領土を誇る大国「エレボニア帝国」が舞台。政府省庁のある皇都以外の領土は、四大貴族が東西南北に分かれて統治しており、その領土1つ1つの広さはリベール以上。

 トールズ士官学院へ入学した貴族の少年リィンは、同級生である”Ⅶ組”の仲間たちとともに学院生活や特別実習を経て、心身ともに成長していく。しかし…テロ組織の暗躍や、同時期に起こった『零/碧』の事変などを契機に、やがて内戦が起こるほど国内情勢が変化。リィンたちは否応なしに戦火へと飲まれてしまう。

 『閃の軌跡』は全4部作構成でナンバリング順に時系列が進みます。Ⅰ・Ⅱの学生編とⅢ・Ⅳの教官編で1年程時間が空いており、メインパーティメンバーが変化するのも特徴的。大国エレボニアの内情や抱える闇が分かるほか、ナンバリングが進むにつれ過去作含めた様々なキャラが登場しリィンと関係を築いていく人間模様も魅力なシリーズですね。

 ちょっと微妙とした理由:『閃Ⅰ/Ⅱ』のみであれば、遊び始めるタイトルとしてもさほど問題ないです。ただ『閃Ⅲ』以降は過去作のキャラや地域がガッツリ関わるので、シナリオで感動を十分に味わいたいなら『空』『零/碧』を先に遊んでおくのを推奨します。

 また『閃』からはキャラモデリングが3D化し、表現演出やシステムなどが現行作品に近くなっています。そのため後から『空』『零/碧』を遊ぶとプレイ感による”古さ”を感じるかも…というのも多少の懸念点としてあります。

「創の軌跡」(クロスベル&エレボニア編)

創の軌跡_イメージ
『創の軌跡-ハジマリノキセキ-』
  • 『創の軌跡』から始めるのはオススメできない
    (PS4/Switch/Steam版がある。過去作をクリアしてないと十分に楽しめない)

 『創の軌跡』はちょっと特殊な位置づけです。具体的に表すと『零/碧』『閃』の後日談かつ、続編の『黎』に繋がる物語が描かれています。時系列的には『碧』から2年強、『閃Ⅳ』から半年後、『黎』より1年前の物語といったところですね。

 作品の性質上、遊べば『黎』をプレイする際の理解度がやや上がるものの、過去作である『碧』『閃』を一通り遊んでいないとこのタイトル自体のシナリオを楽しめません。

 とはいえ『創の軌跡』はシリーズ前半戦の集大成でもあり、これまでの軌跡オールスター的なほど過去作キャラが登場・パーティ編成できる非常に魅力的なタイトル。初めて遊ぶ軌跡としてはオススメしませんが、『零/碧』『閃シリーズ』を踏破したならぜひ遊んでみてほしいところです。

「黎の軌跡」(カルバード共和国編)

黎の軌跡_イメージ
『黎の軌跡-クロノキセキ-』
  • 軌跡未プレイかつ最速で新作を遊びたいなら『黎の軌跡』からがオススメ
    (PS4/PS5版がある。Steamのは日本語音声+中/韓UIの構成)

 軌跡シリーズ4弾『黎の軌跡』、軌跡後半戦の幕開けとなるシリーズです。

 大陸の西部東側から中央部に位置し、帝国と対をなすもう一つの大国「カルバード共和国」が舞台。王政から民主主義へと変わっており、東方民族からの移民受け入れなどで人口爆増中の国家で”裏解決屋”を営む青年ヴァン。ある時、彼の元を訪ねた少女アニエスからの依頼を受けたことから物語が広がっていきます。

 『黎の軌跡』は現在進行系のシリーズで2作出ており、時系列はⅠ・Ⅱの順。多少過去作のネタバレはあれど『創』までとは舞台が変わり、登場キャラも大半は一新されているので、軌跡未プレイかつ最新作を早く遊びたいのであれば『黎』から始めるのも選択肢といえますね。

日本ファルコム
¥6,050 (2022/11/25 23:56時点 | Amazon調べ)
日本ファルコム
¥5,007 (2022/11/25 12:05時点 | Amazon調べ)

番外:「暁の軌跡」「那由多の軌跡」

 この2タイトルは本編ではなく番外扱いです。ストーリーに繋がりがないのでプレイしなくても支障ありません。興味があったら遊んでみるといいでしょう。

「暁の軌跡」

暁の軌跡_イメージ
『暁の軌跡-アカツキノキセキ-』

 2022年時点においてはPCとスマホで遊べるオンライン型ゲームです。

 パーティキャラは準遊撃士の少年ナハト・少女クロエなどオリジナルキャラの他、ガチャで軌跡シリーズのメイン・サブキャラを仲間にできます。シナリオの時系列的には『碧』の中盤・『閃Ⅰ』の後半にあたるようです。

英雄伝説 暁の軌跡モバイル

英雄伝説 暁の軌跡モバイル

USERJOY JAPAN CO.,LTD無料posted withアプリーチ

「那由多の軌跡」

那由多の軌跡_イメージ
『那由多の軌跡-ナユタノキセキ-』

 他のタイトルとは世界自体が異なるアクションRPG。”平面”と信じられる世界の中、シエンシア海に面する”残され島”を舞台に、少年ナユタとその仲間たちによる物語が繰り広げられます。

 シナリオ面でも完全に独立した作品ですが、一部「軌跡」に通じるような類似点も見られており…ファンの間では色々と考察がされています。

日本ファルコム
¥1,195 (2022/11/25 17:43時点 | Amazon調べ)

軌跡シリーズのオススメプレイ順

パターン1:「空の軌跡」から順番に全て遊ぶ

  1. 空の軌跡FC
  2. 空の軌跡SC
  3. 空の軌跡The3rd
  4. 零の軌跡
  5. 碧の軌跡
  6. 閃の軌跡
  7. 閃の軌跡Ⅱ
  8. 暁の軌跡(※スルー可)
  9. 閃の軌跡Ⅲ
  10. 閃の軌跡Ⅳ
  11. 創の軌跡
  12. 黎の軌跡
  13. 黎の軌跡Ⅱ
軌跡シリーズの物語を100%楽しめる

 『空の軌跡』から始まる軌跡のストーリーを余さずに追いかけるパターン。それぞれの作品に登場するキャラや地名・事件などの情報はもとより、散りばめられた謎や伏線もしっかりと回収できます。軌跡の理解度自体が最も深くなり、様々なシーンで感動や驚きが得られるでしょう。

 ※補足:『暁の軌跡』は外伝扱いのPC/スマホ版オンラインゲームなので、未プレイでも本編に支障はありません。世界観や組織・各キャラに対する深掘りには繋がります。

ゲームのプレイ条件が厳しい&総時間も多い

 2022年時点では『空の軌跡シリーズ』のリメイク/リマスターはPS3/Vitaで止まってます。それらのゲーム機を持っていればソフト購入で遊べますが、それ以外だとPS4/5でPSPlusプレミアムに加入しないと遊べません。(Steamで販売されてるのは英語版のみ)

 また、空から全てのタイトルを遊ぶとなると…総プレイ時間は500時間をゆうに超えると思われるので、最新作に追いつくだけでも相当の時間がかかります。

日本ファルコム
¥2,180 (2022/11/25 23:56時点 | Amazon調べ)

パターン2:「零の軌跡」から順番にプレイ

  1. 零の軌跡
  2. 碧の軌跡
  3. 閃の軌跡
  4. 閃の軌跡Ⅱ
  5. 閃の軌跡Ⅲ
  6. 閃の軌跡Ⅳ
  7. 創の軌跡
  8. 黎の軌跡
  9. 黎の軌跡Ⅱ
現行ゲーム機で無理なく軌跡の物語を追える

 軌跡シリーズを現行ゲーム機(PS4/5)の範囲で遊び、物語を追うパターン。長らく舞台となるクロスベル&エレボニア帝国のストーリーには100%触れられるので、『零』からスタートするのは悪くない選択肢です。

 不足する『空の軌跡』の知識に関してはコミックや3分解説動画シリーズがあるので、そちらである程度は補完できると思います。

それでも総プレイ時間は多い

 このパターンでも最新作含めて9タイトルもあり、やりこまない場合としても想定プレイ時間は300時間を超えるかと。じっくり遊ぶ覚悟は必要です。

パターン3:「黎の軌跡」からスタート

  1. 黎の軌跡
  2. 黎の軌跡Ⅱ
  3. 気が向いたら過去作を遊ぶ
軌跡最新シリーズ『黎』をいち早く楽しめる

 最新作『黎の軌跡Ⅱ』に最速で追いつけます。比較的新しめで面白いJRPGを探している人にオススメのパターンです。『黎の軌跡』からは中心人物が一新されているので、多少ネタバレはあれど過去作をあまり気にせずに遊べるのもメリットと言えます。

後から過去シリーズ遊ぶのはしんどいかも

 『黎の軌跡』からはグラフィック面の向上に加え、フィールドアクション型の戦闘も可能になりゲームの快適性が大きく上がっています。後から過去作に触れると”遊びにくい”=しんどいって感じるかもしれません。

日本ファルコム
¥5,218 (2022/11/25 23:56時点 | Amazon調べ)

パターン4:「閃の軌跡」から変則的にプレイ

  1. 閃の軌跡
  2. 閃の軌跡Ⅱ
  3. 零の軌跡※
  4. 碧の軌跡※
  5. 閃の軌跡Ⅲ
  6. 閃の軌跡Ⅳ
  7. 創の軌跡
  8. 黎の軌跡※
  9. 黎の軌跡Ⅱ※

※遊ぶにはPS4かPS5が必要(持ってなければスルー)

Switchで軌跡を始めるのに最適

 Switchで「軌跡」を遊んでみたい人にオススメ。Switchでは『閃~創』までしか遊べないので必然的にこのパターンになります。

 のタイトルは『閃Ⅰ/Ⅱ』を遊んでみた結果として軌跡シリーズにハマり、その時点でPS4/PS5を手に入れているなら先にプレイしておくといいですよという感じです。(Steam版は想定外とします)

過去作を遊んでいない場合は感動が薄れるかも

 『閃Ⅲ』以降は『空』『零/碧』のキャラや過去話も絡んできます。ゲーム進行に支障はありませんが、過去作を遊んでいた場合と比較して…シナリオ面の感動度合は薄れるかもしれません。

まとめ

 という感じで、各軌跡シリーズの概要、遊び始める際のオススメタイトルやプレイ順なんかを解説してみました。

 軌跡シリーズは全タイトル含めると凄まじいボリュームのRPGなので、遊び尽くした際の感動・満足感は大長編のアニメ・漫画に匹敵します。JRPGで面白い作品探してる人にもオススメできるシリーズなので、これを機に「軌跡」へ触れてみてはいかがでしょうか?

最新作『黎の軌跡Ⅱ』もチェック

日本ファルコム㈱
¥6,180 (2022/11/25 17:43時点 | Amazon調べ)

© Nihon Falcom Corporation.
・当ブログにて掲載している各種ゲーム画像の著作権・商標権・その他知的財産権については、各コンテンツ提供元に帰属します。

[PR] 噂のRPG『エバーテイル』
軌跡シリーズ:始めるのにオススメのタイトル・プレイ順

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
\よければタップで応援お願いします/


ブログランキング・にほんブログ村へ
目次