【RPG紹介】ドラクエ1…姫を救って悪を倒す!王道勇者の旅路を往く

RPG紹介「ドラクエ1」
[PR] 噂のRPG『エバーテイル』

どうも、ラングです。
今回は伝説のRPG「ドラゴンクエスト1」について、
色々思い出しながら書いていこうと思う。

うろ覚えなところもあるかもだけど、
ドラクエ1に興味持ったとか、懐かしいみたいな感じで見てもらえれば幸い。

ラング

初代ドラクエは日本のゲーム機にRPGという
ジャンルを確立させた伝説のタイトル。

目次

ドラクエ1のタイトル的概要

  • 正式名称:ドラゴンクエスト(Ⅰ)
  • カテゴリ:RPG
  • リリース日:1986.5.27(FC)
  • 現行プレイ可能
    • [スマホ] Android、iOS
    • [ゲーム機] PS4/Switch/3DS

ゲームやったことがない人でも名前くらいは知ってるであろう、国内知名度トップクラスのRPG「ドラゴンクエスト」の初代タイトル。オリジナル版がかなり過去のゲームなので、システムやストーリーはあっさりしており、バトルも1vs1というシンプルさ。

最近のドラクエ遊んでるプレイヤーからしたら物足りないと思う。が、このドラクエ1という原型があったからこそ、以降のタイトルが出るに連れて様々なシステム・呪文・演出などに触れて”進化”したなぁと感じられるはず。

スマホやタブレットでも低価格で遊べるし、昨今は攻略サイトも充実しているので、ヒマ時間があったらサクッとダウンロードして初代ドラクエに触れてみるのもありなんじゃないかな?

ドラクエ1のゲーム的要素

  • 世界観:中世ファンタジー
  • ゲームボリューム:小
  • テキスト量:小
  • やりこみ要素:-
  • バトル:ターン制コマンド型
  • 特徴的成分:シンプル、1対1、勇者、ドラゴン、姫、竜王

世界観 :中世ファンタジー

アレフガルドという中世ファンタジー世界が舞台。
ドラクエシリーズは基本ファンタジーだけど、後期作品のような異世界・異文化的なものはない。

ワールドマップがあり、各地に町やダンジョンが点在しているね。
マイラの村には温泉もあったりして、なんだかワクワクしてしまった。
ラストダンジョンの「竜王の城」がスタート地点であるラダトームの対岸にあり、
近いけど遠い目標みたいな演出もほのかに感じられる。

ゲームボリューム:小

さすがにファミコン時代のゲームだけあって、
ボリューム自体はそんなに大きくない。ってか小さい。

出現する魔物たちのLvがエリア毎に異なり、
討伐可能な強さになるまで進めない見えざる壁があるため、
進み方もほぼ一本道になるんよね。

プレイ時間は15~20時間くらいかな。
Lv上げと装備を整えるのに時間はかかるけど、
冒険部分に関してはそんなに長くないと思う。

テキスト量:小

住民たちや主要キャラとの会話はあるけれど、文量自体は多くない。
ただしドラクエ1はシステム的なヒントが少ないから、
会話テキストは次の目的地を知るのに必須だったりする。

とはいえ印象的なセリフもいくつかあり、
姫救出後に宿に泊った後の「ゆうべはお楽しみでしたね」や
竜王が勇者に問いかける「世界の半分をお前にやろう」など…
この辺は現代でも目にする機会があるね。

やりこみ要素:-

いわゆる裏ダンジョン的なものは無かったはず。
ラスボス倒して、エンディング迎えたらクリアですな。

バトル:ターン制コマンドバトル

ドラクエ1の戦闘は勇者と魔物が1対1で戦う形式のターン制コマンドバトル。
すばやさの値で先攻後攻が決まり、両者の行動が終わると次のコマンド入力となる。

戦闘呪文は6種類だったかな。攻撃呪文はギラ・ベギラマのみだった。
攻撃力が十分あれば通常攻撃殴りと回復呪文でこと足りるから、
戦略って感じはあまりないけれどね。

ドラクエ1のシナリオ抜粋

ラング

シナリオ展開次第でやるやらない決める人もいるし
ほんのりネタバレ入るけどご容赦を。

勇者が姫を救い悪を倒す!

主人公は伝説の勇者であるロトの血を引く若者。
ラダトームの城にて竜王に攫われたローラ姫を救い出すように王様から依頼を受けて旅立つ。

勇者が攫われたお姫様を救い、その主犯である悪の竜王を倒す!
って流れの王道的なファンタジーシナリオ構成。

竜王の居城は目の前にあるけど対岸なのですぐ助けにいけず、
各地を旅しながら準備を少しずつ整えていく流れ。

ドラゴンから囚われの姫を救出

旅を最中にリムルダールの町でカギを手に入れると、
沼地の洞窟にとらわれているローラ姫の元に行ける。

番人であるドラゴンを倒すと姫を救出でき、
城へ送り届ければ先へ進むためのアイテムを入手できるんだが、
その前に宿屋に泊まれば例の「ゆうべはお楽しみでしたね」が聞けるんだよね。

また、姫を助けなくてもエンディング到達は可能で、
その場合は一種のアナザーエンドになる。
別展開じゃなく要素抜けって感じだから推奨はしない。

竜王の問いに「はい」と答えると…

全ての準備が整うと、ラストダンジョンの竜王の城へ挑める。
1F玉座の裏階段から先に進むとあの「ロトの剣」が手に入るんで、
ラストバトル前に確保しておくべし。

最深部で竜王に「わしの味方になれば、世界の半分をお前にやろう」と問いかけられる。
これで「いいえ」と答えつづければ、竜王とのラストバトルに突入。
変身後の第2形態を倒すとエンディングへ突入し、勇者は新天地へ向けて旅立つ。

対して誘いに乗り「はい」と答えつづけると…
勇者に対して世界の半分、闇の世界を与えられる。その結果、
FC版は最初からやり直し、リメイク版は夢オチで宿からリスタートとなったはず。
世の中うまい話はない、そんな教訓を得られるゲームだよなぁ。

ドラクエ1はこんな人におすすめ

オリジナルが古い作品なので正直なところ、シナリオで感動したいとか派手な演出が見たいって人には向かないよね。

ドラクエシリーズを制覇したいけどまだやったことがない。
ドラクエの原点がどんなゲームなのか体験したい。
RPGやったことないから簡単なのから遊びたい。

そんな人だったらオススメ。ドラクエの歴史に触れてみるのも一興かな。

このページで利用している株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像の転載・配布は禁止いたします。
© 1986, 2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

[PR] 噂のRPG『エバーテイル』
RPG紹介「ドラクエ1」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
\よければタップで応援お願いします/


ブログランキング・にほんブログ村へ
目次